>
外貨をキャッシングした際の手数料とは

外貨をキャッシングした際の手数料とは

海外で外貨を調達するときに、どのような方法で調達するでしょうか。
多くの人は、日本であらかじめ現地通貨を調達するという場合が多いでしょう。
確かに、アメリカドルやユーロというようなメジャー通貨の場合、
現地で調達するよりも日本で調達したほうが何かと便利です。

しかし、メジャーでない通貨の場合は、話が別です。
特に、日本の銀行や両替所では、そういった通貨自体取扱がないので、
物理的に不可能です。
それならば現地で両替ということになりますが、
現地の両替所はいつ開いているか分かりませんし、何よりも言葉の問題があります。
英語が通じるかもしれませんし、通じない可能性もあります。

現地でクレカを使ってキャッシングと気になる手数料

そういったとき、キャッシングを利用するというのもてです。
現地の空港や街中には、たくさんの銀行ATMがあります。
キャッシングとクレジットの違いについてでもATMでお金を引き出す事に
触れましたが、外貨についても銀行ATMを利用して、
現地の外貨をキャッシングすればいいのです。
とはいっても、消費者金融のカードで外国で引き出せるわけではありません。
外国でキャッシングが可能なのは、クレジットカードなのです。

クレジットカードでのキャッシングで気になるのは、
手間賃の問題です。国内のキャッシングでさえも、
場合によっては利用手数料がかかるという場合もあります。
それが海外となれば、余計に手間賃がかかるのではないかという不安も、
分からない話ではありません。

しかし結論から言うと、キャッシングの手間賃に関しては
大して気にする必要はありません。
まず、ATMを利用するときにかかる料金が、大体日本円で言うと100円程度です。
これはどこの国に言っても大して変わることはありません。
そして外貨の場合には、為替手数料というのがかかります。
この手数料が、大体1パーセント程度といわれています。
つまり、100ドルキャッシングしたら、1ドルが手間賃となるのです。
ちなみに、キャッシングではなく両替所で外貨を両替した場合には、
これよりも多い手間賃がかかってしまいます。

COPYRIGHT© 2013 クレジットカードでキャッシング ALL RIGHTS RESERVED.